消費者金融などの在籍確認の意味

オペレーター消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを契約した場合業者にもよりますが、勤務先に在籍確認の電話が行われる時があります。消費者金融や銀行にキャッシングやカードローンの申請があった場合、消費者金融などの担当者は申請者がきちんと支払う能力や支払う意思があるかどうかを審査します。金融機関としては金利手数料を含めてきちんと支払ってもらう事が1番大切な事になります。その中で勤務先に電話をする事できちんと働いているのかを確認しています。通常だときちんと働いているので、問題はありません。在籍確認があった際に万が一出張や外出していていない場合でも、働いている事実が確認できれば良いとされています。万が一働いている事実が確認出来なかった場合には収入がないと判断されるだけでなく、申請者に嘘の記載をする人間的に信用できない人と金融機関は判断します。その際には申請が却下されるだけでなく、同じ会社は二度と使えなくなる場合があります。 そのため申請書にはきちんとした事実を記載する必要があります。
人によっては金融機関から借り入れをするのを他人に知られたくない人もたくさんいます。そのために在籍確認をする際には金融機関の社名は出さずに個人名で出します。そのため他人に知られることはまずありません。金融機関から郵送物が送られてくる時もありますが、茶封筒を使用したり本人限定郵便で送付されるので、郵送物が送られてくる時でも安心です。